成田悦子午後のデル(鳩山由紀夫講談社が記事を盗んだ

アクセスカウンタ

zoom RSS 無為に過ごす12月21日8/25・215

<<   作成日時 : 2009/08/25 16:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

自民・公明・社民に二階の全ての部屋の電気を壊されていました。
毎晩真っ暗闇の中で記事の投稿をしていました。
直しても何度でも壊しに来ました。
その頃書いた絵は、削除改ざんを繰り返され、なくなってしまった絵がたくさんあります。
記事も同じです。
自民党・公明党・社民党の犯罪とは知らない頃の記事です。
創価学会員に養和病院不正措置入院の時に囲まれ、それ以前も米子に来てから創価学会員だけが私の周りにいました。
私は昔から創価学会・公明党のような無知、破廉恥な集団など大嫌いです。
2000年まで創価学会員とは無縁で、会ったこともありませんでした。
GOOやBIGLOBE、Ameba、niftyが協力していることも未だ分かりませんでした。
夫に毎日電話したいと思いながら、起訴・不起訴が決まってからと思っていました。
この記事の中のコメントのURLと日付が削除されています。
.
直ぐ下は上杉隆と不正アクセスが直結しているという証拠のコメントです。
今日8時30分前に投稿しました。
盗撮盗聴不正アクセスしていますから、これは困ると思ったら、直ぐにエラーを表示します。
上杉隆のコメント欄には「死ね」「キチガイ」と何度も書き込まれています。
それにはエラー表示が出ません。
上杉隆は夫の殺人を幇助しました。
.
記事から句読点が抜かれていました。
誤字にもしてあります。
これはマイドキュメントに入れておいたものです。
不正侵入しなければ誤字にすることは出来ません。
下の記事を読んで下さい。
社民党が何をしたかが分かります。
読んでみて、社民党が共犯だとよく分かりました。
.
[エラー]
http://app.blog.livedoor.jp/__errors/comment_rejected.html#errors
このコメントは受け付けできませんでした
投稿間隔が短すぎたり、不適切な語やURLが含まれている場合に迷惑コメントと判定されることがあります。ブログの管理者が独自にNGワードを設定していたり、日本語の含まれていない投稿や特定のユーザ以外からの投稿を制限するなどの追加設定を行っている場合もあります。
.
[コメント]
http://www.uesugitakashi.com/archives/51710651.html#comments
ニフティにIPアクセス拒否された
.
ニフティーは私のIPなどいつも変るのに、私のIPを拒否しました。絶対IPを指定拒否は出来ないのです。
.
おまけにBenjaminさんに投稿した「書き込みできません」というアドレス
http://news.cocolog-nifty.com/cs/kuchikomi/cocolog-news_article/registConfirm/aid_domestic-20090819/1.htm
の「書き込み出来ません」を「コメント内容を入力してください。」に変えました。
.
このエラーメッセージ内容の改ざんは、私がBenjaminさんに「書き込みできません」というアドレスをコメント投稿したのと同時に行われたのを確認しています。私のIPアドレスは何処にも出ません。理由は、私を抹殺するために私が誰か分からないようにしたいからです。しかし、私が実名その他を公表したために意味がなくなりました。
.
しかし投稿時のIPアドレスを変えるわけにも行きません。それでここにも今まで通り馬鹿な自民・公明・社民不正アクセス仲間が集まって私の中傷を続けています。
.
ニフティーは鳩山邦夫・上杉隆のクラッキング仲間です。
J−CASTも同じです。
20:47 2009/08/25

23:24 2009/08/25 火曜日
.
この日、私はもうドキュメントにデータを入れても、CDに取っても無駄だとつくづく思いました。毎日自民・公明・社民が泥棒を入れて盗んで行きました。 CDは入れた途端に改ざんされました。この頃は白川勝彦の「平静海援隊 DISCUSSION」と戸井田徹「丸坊主日記」、Ameba 「日々の雑感」のデータを毎日盗みに来ていました。
.
[無為に過ごす:12月21日の記事」
 穢れたくないと思っています。汚らわしい人たちに囲まれていますが、何があろうと、わたしは「この期に及んで・・・」などと言う穢れた言葉は遣うまいと思います。今日も又、浪速警察の不正をごまかすための書き込みがされています。わたしの名前は親と兄弟と夫と子供以外知りません。BLOGのことは私以外誰も知りません。クラッキングして、不正措置入院させた米子創価学会はもちろん知っています。何をしているから知っているのかは誰もが知っている事です。
.
 わたしは創価学会の犯罪から家族を守るために過去の全てを捨てました。それでも、誰一人わたしを見捨てた家族はいません。ただ、何故創価学会がわたしを取り囲むのかが誰にも分からないようです。わたしでさえその理由が分かったのは、今年に入ってからで、リサ・パートナーズの約16万円で買った株を18万円で売られていたのを見てからです。民主党にそれを持って行こうとしたら、印刷したものを翌朝盗まれました。2階の部屋から出入りしていたようです。それも最近気付きました。今は2階からは入れないようにしました。株の口座にはもう何ヶ月もログインしていません。パソコンがなかった時がありましたが、パソコンを買ってログインすると、ログイン回数が1000回近く増えていました。ある日母に呼ばれて階下に降りている間にログイン回数が一つ増えていたので不審に思い、証券会社に問い合わせると、田辺製薬(今は名が違います。)の株を見ていたそうで、わたしのパソコンから見ていると言っていました。クラッキングしなくては見ることはできません。
.
 GOOの非表示も偽メール、YAHOOからはメールもなく削除、クラッキング以外方法はありません。浪速警察がパソコンを持って行ったのなら、あれだけ個人情報を半年にわたって見せる警察ですから、何でもするでしょう。おまけにプロバイダーOCNのH(仮に)はメール20通、連日の電話にも拘らず、記事削除を連絡しても、表示にせず、会員としての規約を会員外に適用し、削除理由も、削除箇所も言わずに有料BLOG4つ削除、プロバイダー解約をしました。その要請をしたのが中傷BLOGです。架空の人物です。もしわたしがこの件で起訴され、有罪になれば、いもしない人によって浪速警察、大阪府警、検察が動いたということで、不正であるばかりでなく、わたしの人権の全てを今も今後も奪い続けると言う事で、警察検察、司法の犯罪であり、大阪府、、自公政権の不正と言う事になります。基本的人権を奪わなければならない理由が国家にあるからそうしているのでしょう。
.
 11月に「民事で告訴する」と言っていた中傷BLOG「鳥居正宏のときどきLOGOS」が、1月に「民事で告訴する」と言い、今度は「来年わたしが有罪になる」と言っています。よく分かりますね。「わたしの住所も名前も何もかも知っているが言えない」と書きながら、家宅捜索が行われた日時と押収品まで書いてあります。これは名誉毀損であるだけでなく、脅迫であり、浪速警察、米子大阪検察庁と共に脅迫していると言う事になります。
.
 今日はいろいろなサイトの中傷コメントを見ました。その名誉毀損の被害届けを9月22日に浪速警察に届けたと言っているBLOGの記事と全く同じものを見つけました。HNは皆様お馴染みのものでした。パソコンさえ押収して持って行けば何でも出来ます。おまけにプリンターを持って行くともっと何でも出来ます。わたしの記事の日付を変え、まるでGOO「返信」や「午後のデル」と同じような創価学会が書いたような記事にする事も可能です。それを証拠だと言って有罪にしたいのでしょう。わたしは下品なものの見方と、下品な言葉は遣いませんから、誰が書いたものかはすぐに分かります。それをわたしが書いたものだと犯人達が囲んで言うことも可能でしょう。
.
しかし、わたしは名誉毀損されているのであって、毀損をする相手が不在である事には間違いありません。本名、実名と言う言葉が記事の全てから消えています。ではどういう風にして作った党員証でしょう?わたしのパソコンに入っていた社民太郎と言う証明書はなんでしょう?わたしには作ることが出来ませんし、その画像はどこにあるかも知りません。取り入れたものが一度消え、次に入ってきたのが社民太郎と言う証明証です。クラッキングによって入れて置いて、後で警察にということでしょうか?
.
 何故、JUGEM「ni-na」を22回も削除します?その人のことなんか書いていませんし、中傷の記事など唯の一つもありませんでした。JUGEMからはメールも来ていません。JUGEMの社民太郎の画像の入った社民党のテーマを何度も消しました。私のパスワードなしでテーマを消すことは出来ません。OCNblogzineの「わかれ」からも社民太郎の証明証を消したのは何故でしょう?わたしが偽造したと、あれだけ言っていたのにその記述もありません。あっちにもこっちにも書いて回っておいて、消せばいいのですか?何故消す必要がありますか?「サンプルです」とわたしは書いたんですよ。サンプルと書いただけで偽造??サンプルじゃなかったら記事にもしていませんし、党員証を貼ってもいません。何故サンプルに怯えて人のBLOGを30回近くも削除し、プロバイダーを二つも解約しますか?こういうのを犯罪と言いませんか?こういうのを過剰な対応と言います。 
.
 GOO「返信」の記事にも書きましたが、メールでその記事は誤解だから削除してくれない?と言えばいいでしょう。わたしは削除したでしょう。ただしわたしはその時中傷記事に当たるものは書いていません。それでも削除しました。名誉毀損は和解に持って行くのが裁判所としてもいい方法なのだと思います。ですから民事が妥当です。いない人にメールは出せないでしょうが。
.
 皆さん名誉毀損は民事で争われます。刑事事件になったというのを今まで見たことも聞いたこともありません。少なくとも新聞に載ったのを見た事はありません。削除改ざん可能なBLOG記事を見てもいない段階で、しかも警察不在の土曜日に「事件性あり」と言った???大阪府警、浪速警察の事はいずれ明らかになるでしょう。わたしは書きたくなったら何もかも書きます。死ぬ覚悟で書きます。自民党の国会議員戸井田徹とは違いますから、覚悟は出来ています。
.
 わたしはこの年の末、毎日つまらない日を送る、無為に過ごす。架空の人物と、浪速警察、検察による脅迫に耐えて生きて行くしかありません。わたしのOCNblogzine「わかれ」の記事をドキュメントから消し、CDを盗まれましたが、消したかった記事と言うのは、自民党衆議院議員戸井田徹、公明党参議院議員山本香苗の記事であることを多くの方が知っています。現実にいるのはその2人であって、訴えたのは不在の人物鳥居正宏です。今は通名だとしきりに言っていますが、浪速警察の弁解ですか?議員が通名で通るのは一部の方です。それも簡単に決まった事ではなく、当時はかなり報じられました。党員証を見たんですか?
.
犯人しか知りえない事実 (通りすがり)
2008-08-31 05:04:52
G(仮名)氏のブログみてきました。
りさ氏はここのコメントで
>社民党の辻元清美後援会と言う記述を削除してあります。
といっておられる。でもG氏の記事にはその事がどこにも書かれていない。
辻元清美後援会という事は、犯人にしか知り得ない事実です。
りささん、あなた、ほんとうに警察につかまりますよ。
.
 この上のコメントはいつもわたしに付きまとう通りすがりのコメントですが、今記事から消されていますが、わたしはその記事をプリントアウトして民主、共産党に持って行きました。その上弁護士がその記事をパソコンで見てプリントアウトし、わたしが持って行った証拠を見せて、「この部分は消してあります」と言うと、「いや今もあるよ、じゃ君これを見ていて、僕が読むから」と言って読み上げた部分です。「辻本清美後援会にわたしがメールを出した」とその日は書いてありました。弁護士が知っています。もともと書いてあり、途中消して、わたしが証拠書類を持って行ったので載せて、その後又消しました。そこで、この通りすがりは何を言いたいのでしょうか?何が目的でこういうことを書いたのでしょうか?「犯人にしか知りえない」ではなくて、「犯人しか知りえない」です。犯人だと言った時点で名誉毀損、嘘を書き過ぎるので名誉毀損ではすみません。通りすがってあっちにもこっちにも書き込まないように。
.
 中傷BLOG「鳥居正宏のときどきLOGOS」では、わたしが100箇所以上も何か知りませんが書き込みに回っていると書いてありますが、そんなに余計な事を書く暇があったら、記事を書きます。暇ではありません。家にいますが、わたしはいつも生きていなければならない間で、いつも何かに夢中でなくてはいられない人間です。ただし、何方かのようにコメントを書いて回ったり、トラックバックで中傷記事を見せたりはしません。それくらいなら100のBLOG会社に100のBLOGを作って、詩を書いたり記事を書いたりします。 
.
支離滅裂なことば(あなたの場合は詩)
 主語がなく、本人にしか理解できない文章。
猛烈・凄まじい被害妄想。
同じ事を何百回も繰り返す反復性の障害。
他者への執拗な粘着型攻撃性。
上記の症状で以前に警察沙汰になった経緯がある。
これらみんな典型的な統合失調証の(それもかなり悪化した)症状です。
りささん。私はDr.です。
悪い事はいいません。
1日も早く病院へ行ってください。
でないと、間もなくあなたの人格の破綻をきたしますよ。
.
 この上はお医者様のコメントだそうで、コメントを読むとき注意するのは曜日、時間です。記事を書いた時間も注意して下さい。本当に医者が書いたものかどうかは読めば分かります。あまりにも悲惨な文章ですから。被害妄想、粘着型攻撃性、執拗、統合失調証、工作員この言葉を遣ってあれば注意報です。詩に主語をいちいちつけてもいいです。でもそれは貴方が書く詩でしょ?
.
 「人格の破綻」と記事のコメントに書いてあったのを前にご紹介しました。人にはそれぞれ辞書があります。わたしにはわたしの辞書があります。幾つかの文章を読めば、その人が書いたものかどうかが分かります。わたしは辞書をなくしている状態です。言葉を失くしたわたしに詩を書かせてくれたのは、「人生の半ば」という本です。著者のリンザーとわたしは同じ辞書を使っていました。単語の一つ一つがわたしの全てを証明します。文章に人格の全てが出ます。言葉は命です。言葉は人の心が穢れているか、澄んでいるかを隠していても現してしまいます。
.
 中傷には耐えます。浪速警察、大阪府警、検察、大阪府、国家の不正にも耐えます。詩が書けさえすればいいので、わたしには望む何もありません。
.
 有罪になるかどうかなど全く問題ではありません。警察は不正措置入院のことや、その他の不正を書くわたしを黙らせたいのですし、創価学会は株の不正売買の事を知られたくないのですから、更に不正を重ねるしかないでしょう。わたしは正しい事しか言わないし、決して書くことを止めません。言論を妨害するためにどんな手段でも使うでしょう。「人格破綻」なんて言葉、お医者様が遣いますか?養和病院の医者でさえ使いませんでした。そうです、「あれはわたしの知り合いの医者が」と被害届けを出した鳥居が書いたコメントでした。全く同じことが書いてあるようなので、知り合いのお医者様と言うのはこの戸井田徹「丸坊主日記」に書き込んだDr.です。
.
 書くことはいっぱいあります。明日又ご紹介します。今日もAmeba「日々の雑感」に面白いコメントが載っています。全て浪速警察のことをごまかすためのコメントです。わたしも夫も創価学会員ほど馬鹿ではありません。馬鹿になろうと思ってもあそこまで馬鹿になるのは無理で、財務なんて何で池田のおじいさんにあげるの??泥棒してまであげるの?わたしは自分の好きな本を買い、好きなCDを買います。わたしが創価学会員だと書きたいのは創価学会員だけでしょうね?それにしても何とかしなさいね、意地の悪い文章をNET中にばら撒くのはそろそろやめにしませんか?創価学会員にパソコン一台買わせて一人で10のBLOGを作ったらいいでしょう。どうしてわたしのGOOGLEやその他のところにわたしのメールアドレスからBLOGを作るのですか?
.
 又夫のことを書いて欲しいようなのでご希望に答えますが、夫の事はいつも考える事はありませんし、電話もしませんが、たまに電話した時は、体の具合が悪いと言えばいろいろ言いますし、心配もします。わたしは彼はいい人だと思っています。わたしの子供の父親ですし、一度愛した人を悪く思う事はわたしはしたことがありません。思えもしません。そこら辺が創価学会の方々とは違いますのよ。
.
BIRD
http://anatatoarukumiti.cocolog-nifty.com
に又新しい詩を載せました。
絵も添えておきました。
.
2008年12月21日日曜日23時33分
文字にミスはありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

無為に過ごす12月21日8/25・215 成田悦子午後のデル(鳩山由紀夫講談社が記事を盗んだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる